• たちばなふみ

たちばなふみへのご支持を もっと大きく広げてください!!

私は新庄町で農業をやっています。


昨年、今年とコロナの経済的影響で米の値段が下がり続けています。


米農家は新たな作付けのための資金が回らず、農業を続けられるかどうかの瀬戸際です。

2回目の持続化給付金が必要で、市も国に要求してもらいたい。


もう一つの願いは、豊かな中海を取り戻したいということです。

子どものころ泳ぎ、豊かな水産資源の中海に。


そのためにも、八束町で育ち、子育て中のたちばなふみさんをどうか市議会へ送ってください。 みなさん、選挙本番です。


お知り合い、ご近所の方々に重ねて

「たちばなふみを頼む」

「支持を広げてほしい。」

とお声掛けをよろしくお願いします。


たちばなふみ選挙対策本部長 古藤一郎

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

女子トイレに生理用品を配置

NHKでもとりあげられました。 学校の個室トイレで配布する理由は、 「生理であることを 先生にうちあけなくてもいい」 人権に配慮した方法であることが明確です。 そして、 東京都ではじまります。 すべての都立高校や中高一貫校、 特別支援学校など約250校で 生理用品を学校の女子トイレに設置。 現在7校で行っているものを、 9月から全校で行うそうです