• たちばなふみ

たちばな ふみ6月議会報告⑥

#ジェンダー平等 #男女同一賃金 たちばな ふみ6月議会報告⑥

6月議会において5項目の一般質問をしました。 そのうち、ジェンダー平等、男女の賃金格差是正について報告します。

ジェンダー平等に向け最も土台となり、多くの女性から共感の声が寄せられているのが“男女同一賃金”です。 ⁂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・⁂

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば日本の女性の賃金は正社員で男性の7割台、非正規を含む年間平均賃金では約240万円の格差があり、暮らしを支えるエッセンシャルワーク、保育や介護などの方の賃金は平均より10万円も少ない現実も放置されていることは重大です。

世界の主要国と比較しても日本の賃金格差は大きく、是正が急がれているとして、女性活躍推進法改正に関して市の姿勢を質しました。

改正に従い今後301人以上の事業者に男女賃金格差を公表する必要があるとして ①松江市職員の男女賃金格差の調査結果の公表及び是正策を求める ②松江市では男女共同参画計画等において企業団体にむけて意識づけを行っていくとしており、市が出資または委託する団体においても格差の実態把握と是正策の計画等を求める考えをききました。

吉田紀子市民部長は、「①市職員の男女賃金格差に係る情報の公表は7月の制度改正で義務化される予定。内容を踏まえて適切に対応する。②設立時に市が2分の1以上出資した団体や公共施設の管理や運営を委託している団体も本市の取り扱いに準じて適切に対応する」と回答しました。

・・・・・・・・・・・・・・・ 不平等の改善は まず実態の公表から! 今後も経過を注視していきます



閲覧数:0回0件のコメント