top of page
  • たちばなふみ

7/24 4年ぶり国民平和大行進

昨日島根入りした国民平和大行進は今日21日に松江市に入り、今年は富山コースの通し行進山内金久さんを迎え、原水爆禁止島根県協議会の西尾幸子代表理事(91)、同事務局の西村容子さん、徳永和洋さんが松江市役所を訪れ市長部局、市議会事務局から激励を受けました。市議団としてわたしも同席しました。

西尾さんは、建物疎開の作業中に同級生223人を原爆で亡くした経験を語り「当時は“生きとっちゃったん”が挨拶だった」「憲法前文を読んだとき、原爆で死んだ人の思いが書いてあると感じた、核兵器は人間が作ってはいけなかった」と話しました。

通し行進の山内さんは「5回目の平和行進で35県を歩いてきた。被爆者の頑張りで核兵器禁止条約ができた。日本も批准する国になるよう松江市からも訴えてほしい」と要請しました。

応対した永田幸子総務部次長は「市としてペナントへの署名はできないが、平和都市宣言もしており、支所や公民館での原爆パネル展、広島への修学旅行などできる活動をしていきたい」と応じ、竹田市議会事務局次長は「松江市議会としても核兵器の廃絶と恒久平和の実現に努力することを宣言している(H18)、また昨年2月議会ではロシアのウクライナ侵攻に対する決議を市議会であげた、核兵器のない公正で平和な世界へとの思いは同じです」と話しました。

24日はいよいよ4年ぶりの行進です。 18時に松江駅前集合です。 熱いですが気を付けて集まりましょう~



Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page