top of page
  • たちばなふみ

PTA全国研究大会広島大会

PTA全国研究大会広島大会に参加しました。 松江から80名近くの保護者や教員の参加でした。

1日目分科会は「学校教育と地域の連携を どう進めていくか~子供の成長を地域と共に~」 広島修道大学 山川肖美教授が基調講演

広島県府中市コミュニティースクール連絡協議会 会長 立石 克昭 氏が実践報告

パネルディスカッションに  原 完次氏(島根県PTA連合会 元 会長)、立石 克昭氏 、梅谷 友美氏(倉吉市立関金小学校PTA副会長)が登壇し各地の地域連携で命の大切さや模擬会社づくりの経験が語られました。

松江市について千鳥の杜学園の取組で 千鳥のお堀を学ぶ会の活動が紹介されました。

日頃から大切だと考えていた地域との連携、国の考え方を基にですが、各地域の工夫をパネルディスカッションで学ぶことができました。

80人の参加者の中で交流もできました。 久しぶりに会った方やお仕事の関係者 久しぶりに再会した友人も。

地域に誇りをもつことの大切さ 住み続けられる地域へ 子どもたちとも共に学んでいきたいです。 貴重な機会を戴いたことに感謝します。



記事: Blog2_Post
bottom of page