• たちばなふみ

5月3日憲法記念日メイクピースのつどい感想

5月3日憲法記念日 メイクピースのつどい感想です

オープニングミニライブに 米子市の「ゴスペルオーブ」さん

2008年米子市で行われた9条の会の講演会、 井上ひさしさんが来られた際、初めてステージをみました。

とてもパワフルで子どもさんもいて(当時) にぎやかで、井上ひさしさんの”ひょっこりひょうたん島”もとっても元気をもらいました。 その後松江のうたごえでも井上ひさしさんの釜石小学校校歌とともに歌っていました(最近参加できてないですが^^;…)。

久しぶりの生のうたを聞き生き返る思いでした。 ひょっこりひょうたん島はもちろんですが You Raise Me Up の歌声が本当に素晴らしく 最近のウクライナの悲惨な状況や 日頃わたしに力をくれる、たくさんの「あなた」がよぎり涙がでました

メイン講演の望月衣塑子さん 講演内容は新聞等でも報道されました。 2020年に松江市で講演されたときにもお話を伺いましたが当時東京新聞社会部で「武器を買わされる日本」を出しておられ、今回もウクライナに送られている武器の細かな報告は圧巻でした。 その他ジェンダーに関わることも多岐にわたって報告がありました。

お話を聞きながら、私はゼレンスキー大統領が日本には9条があるので武器の支援は頼まず、国連で力を発揮してほしいと演説されたことを本当に素晴らしいと思いました。国連憲章の一歩先をゆく9条をもつ国として憲法をいかした外交をすすめてほしいし、そのためにはアメリカ言いなりの姿勢を変えないといけないとますます思います。

主催者の岡崎先生は「徹底した平和主義を宣言している憲法の理念を、国内や世界の人々に訴えていくことが何よりも大事だ」訴えられました。

大会アピールで「多くのメディアがウクライナの悲惨な映像を無批判に流し続けながら、国内の「敵基地攻撃能力」「核共有」の危険な動きへの警鐘を鳴らそうとしない」と批判し、「今こそ平和を愛する世界の諸国民と連帯し、日本政府に対して日本国憲法前文と9条の先見性に立った外交努力を求め核兵器禁止条約に参加するよう求めて声を上げていく」としており、本当に感動をよぶものでした。 アピールを朗読されたのは一緒に朗読サークル活動もさせてもらっている、古川さん。感動が深まる素晴らしい朗読でした。

5月3日のこの日に300人もの方と一緒に憲法まもろうの思いを共有できたことに感謝です。

(写真は今日たまたま下の子がお姉ちゃんのお下がりとして、昔つくった憲法Tシャツを着ていたのでパチリ。『平和を愛する諸国民』を原文からと9でを形作っています)



閲覧数:2回0件のコメント