• たちばなふみ

3月11日原発ゼロへ。

3月11日。

東日本大震災から10年、

福島原発事故から10年です。

駅前の原発ゼロアピールに参加しました。


先輩方のプラカード。

いわさきちひろさんの絵が語りかけます。


いまだにふるさとに帰れない方がおられます。

福島県は3万7千人と発表しています。


20数キロ離れていた浪江町旧津島村の方々は

100年帰れないと説明を受けたそうです。


「ふるさとを失うかもしれない」

それが原発を抱える地域です。


あれから10年、

島根原発の災害に備えて避難計画がたてられ、避難訓練も行ってきました。


私も、災害時に子どもを学校に迎えに行くという避難訓練に参加しました。


今島根原発は9年間動いていません。

もう動かさないでほしいと思います。

自然エネルギーへの転換で「安心して暮らせる松江市に」訴えていきます!


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

女子トイレに生理用品を配置

NHKでもとりあげられました。 学校の個室トイレで配布する理由は、 「生理であることを 先生にうちあけなくてもいい」 人権に配慮した方法であることが明確です。 そして、 東京都ではじまります。 すべての都立高校や中高一貫校、 特別支援学校など約250校で 生理用品を学校の女子トイレに設置。 現在7校で行っているものを、 9月から全校で行うそうです