top of page
  • たちばなふみ

読み語りボランティア

今年度最後の読み語りボランティアでした。

今回の担当は2年生。

先日土曜日には9年生の卒業式があったばかり

コロナ後はじめて全校生徒が卒業式に参加でした。

そしてもうすぐ3年生

進級にむけて、中川ひろたかさんの

「おおきくなるっていうことは」を

今日は読みました。

テンポよく

「おおきくなるっていうことは…」と語りかけます。

洋服が小さくなるってこと。新しい歯がはえてくること。

あんまり泣かないこと、高いところに登れること。

そしてお母さん何歳、お父さん何歳

おばあちゃん何歳~のところでは

「え~?」と「わ~」とか歓声が

みんな自分事として聞いてくれたのかな

「おおきくなるっていうことは

 じぶんより ちいさなひとが

 おおきくなるってこと」

それって、どういうことなのかな?

なかなか深いお話でした。



Commenti


記事: Blog2_Post
bottom of page