top of page
  • たちばなふみ

絵本の読み聞かせボランティア「トットちゃん」シリーズ

小学生の朝読書の時間、月に一度の

読み語りボランティアに行きました。

今回は小学3年生のクラスです。

話題の黒柳徹子さんの「続・窓ぎわのトットちゃん」

その中から「トットちゃんと15つぶのだいず」の章が絵本になっています。この12月、小さな子にも平和について考えてほしいと選びました。

「大豆って知ってますか?」と聞くと、

「豆まきの豆だよ」「枝豆になるんだよ」と返事が。教室の中心によって座ってくれて熱心に聞いてくれました。戦争のシーンでは「空が赤いね」とつぶやきながら見る子も。

一日の食べ物がたった15つぶの大豆

毎日テレビから中東の悲惨な戦争の様子がながれてくる最近の日常。トットちゃんが「おうちがなくなっていないか」「ママは生きているかな」学校の帰りに心配しながら帰ったそんな時代と重なります。

終わると「映画やってるよね」と子どもたち。

私もはやく見に行きたいと思います



Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page