top of page
  • たちばなふみ

日本共産党演説会~松江テルサホールにて~

松江テルサホールにて 日本共産党演説会でした

お集まり頂いたりYou Tubeごらんになってくださったみなさま、ありがとうございました!会場300人、You Tube100人同時視聴戴いたようです。

私は司会を務めさせていただきました。 12月に続いてでしたがまだまだ不慣れで 修行中です 山添拓さんは今日は委員会質疑とのことで 大変な忙しい中かけつけてくださいました。

応援メッセージや、県議、知事候補のお話を顔を見ながら熱心に袖から聞いておられた姿が印象的でした。

以下しんぶん赤旗の記事を引用してご報告します ☆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 日本共産党の山添拓・参院議員は5日、島根県の松江市と出雲市の演説会で、県知事選で、むこせ慎一候補、県議選で尾村としなり(松江市区)、大国陽介(出雲市区)両県議を押し上げて、原発を推進する国の悪政いいなりの県政を転換し、いのちと暮らしを守る県政を実現しようと訴えました。

山添氏は、県議会・会派の中で唯一、島根原発2号機再稼働にストップをかける共産党県議団のかけがえのない役割を強調。「原発再稼働ノーの願いは共産党に」と訴えました。

岸田政権の大軍拡は、自衛隊が米軍と一体となって敵基地攻撃するものであり、報復攻撃を想定して出雲駐屯地をはじめ、全国の自衛隊機地を強靭化しようとしていると述べ、「反戦平和を100年つらぬいてきた党を強く大きくして、希望ある未来を一緒に切り拓こう」と呼びかけました。

むこせ氏は「丸山達也知事(自民、公明、国民民主、立憲民主推薦)が同意した2号機の再稼働は撤回し、安心して住み続けられる島根をつくる」と決意表明。尾村、大国の両氏は「オール与党県政の中で、常に県民の立場で正面から対決してきた。引き続き県民の命綱として働かせてほしい」と訴えました。

大平喜信元衆院議員のメッセージが紹介されました。(しんぶん赤旗掲載)



Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page