top of page
  • たちばなふみ

日曜は島根県の党会議

日曜は島根県の党会議でした。来年1月に4年ぶりの党大会が開かれるため、島根県から代議員を選出するための会議があり参加しました。

大会に向けて決議案が発表されており、その案を練り上げるための会議でもあります。県内各地から活動報告や決議案への異見が述べられました。

私は「人権・ジェンダー平等」の分野の発展について発言しました。

女性たちの男女同権・ジェンダー平等を求める声がわきあがり政治を動かしていること、それが女性の社会的復権と言えるうねりを作り出していると決議案にあります。

こうした見方や、党が前大会で改定した綱領に「ジェンダー平等」を明確に書き込んだことが力になった経験について、自身の思いや、松江での女性の運動、特に女性の生涯にわたる健康と権利のために公共施設や学校トイレに無償の生理用品設置をと運動し、政治に届けてきた活動を報告しました。

これからも多くの女性や子どもたちの人権・尊厳まもる政治へ声を上げていきたいです。

※写真は、西部地区の加藤さんが用意してくれたかわいいミニ党旗と。発言台の上に飾ってくれていました。

旗の左上のマークは稲穂を通した歯車が描かれており

農民と労働者を表しています。働く者の党です。



Коментарі


記事: Blog2_Post
bottom of page