top of page
  • たちばなふみ

新しい松江6月30日号お配り中

暑くなりましたね

大雨警報も出たりと命守る豪雨猛暑対策本番です。

新しい松江6月30日号ができてお配りしています。

しんぶん赤旗に折り込んでもらっています。

「島根原発は動かさない 中央集権的な国づくり許すな 島根半島住民避難は不可能」と題して松江市議会6月定例会について主にお知らせしています。

一般質問のご報告の一回目も掲載しました。

私は、①地方自治法改正について、②原発は動かさない、③命守る猛暑対策、④子供を取り巻く環境、⑤中海周遊サイクリング安全に、の5項目の内、猛暑対策で学校体育館のエアコン設置について前向きな答弁がありましたのでそのことを報告しています。舟木けんじ市議は、①誰もが安心して病院にかかれるまちづくりについてです。

志位さんの講演学生オンラインゼミが書籍になり、「人間の自由こそ未来社会の目的」ということが見直される中、みなさまにぜひ読んで戴きたいと新刊「Q&A共産主義と自由」を紹介しました。

その他、先日行われた、中国ブロックいっせい宣伝の様子、年金者組合総会の様子、新婦人松江支部「学校福祉の会」が、粘り強く「学校トイレに生理用品を」と市内の小中学校に生理用品を配布し子どもや教職員、保護者の声を教育委員会へ届けていることをお知らせしています。

松江市議会6月定例会は先日予算委員会が行われ、3日の本会議討論を残すのみとなりました。予算委員会では各分科会報告と討論・採決が行われるのですが、私の所属する建設環境委員会以外は、ほとんど質疑がなかったという委員長報告でした。私は「総合体育館改修整備管理運営事業費」について、33億の改修工事等の事業のスタートの予算であるとして討論を行いました。今日討論したのは私(1会派)だけでした。討論については最終日も行いますが、委員会でも賛成反対の態度を示す際に理由を述べるという姿勢を、これからもきちんと行っていきます。



Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page