• たちばなふみ

広島に原爆が落とされて77年

きょうは8月6日 広島に原爆が落とされて77年

青空に広がる雲を見ると たくさんの語り部のかたから聞いた あの日の惨禍を思い描かずにはいられません

現実の核の脅威、核兵器を持つものが使用も辞さないと他国を威嚇する こんな事態が核兵器禁止条約が発効したのちにおこり、核兵器による抑止論はますます現実的でないことが明らかです

6月に行われた核兵器禁止条約の締約国会議に 日本政府は参加拒否

先日のNPT再検討会議への発言でも一言も触れず、今日の慰霊祭でも岸田首相は一言もふれません。被曝者の方々、そして国民に日本への失望は拡がるばかりです。

広島県知事が慰霊祭で 「核兵器廃絶は、人類の持続可能性のために最も喫緊の課題であることを認識し、最後の核弾頭が解体・破壊され、この地球上から核兵器が完全になくなるまで休むことなく全力を尽くす」 とメッセージを読み上げました

ロシアによるウクライナ侵攻が続き SDGsを掲げて様々な活動を行ってきた皆さんの中で、戦争は全ての努力を壊してしまうと失望が広がりました

しかしあきらめず「持続可能な地球にとって 核兵器はもっともいらないもの」 「核兵器も原発もない、平和な未来をこどもたちに」 この思いを改めてこの日に誓い 「核兵器なくしたい」と願う たくさんの皆さんと共に 今後も声を上げていきたいと思います。 #nowar #核兵器禁止条約に参加を



閲覧数:0回0件のコメント