• たちばなふみ

島根原発2号機 県議会が了承 

#島根原発 #再稼働反対 島根原発2号機 県議会が了承  党県議団、福住参院選挙区候補と街頭から抗議

中国電力島根原発2号機(松江市)の再稼働を巡って、島根県議会は5月定例会初日の26日の本会議で、自民、公明らの賛成多数で2号機の再稼働を了承しました。

日本共産党からは、尾村利成県議が討論に立ち、原発稼働の判断基準に「県民の命と安全が守れるのか、県民の理解と合意が得られているのか」をモノサシとすべきと強調。ロシアによるウクライナ侵略での原発攻撃への県民不安を払しょくする対応策は確立されておらず、使用済み核燃料や核のゴミの処理方法も未確立であること、市民団体が学校や病院などに実施したアンケート調査で約6割が「避難計画に基づく対応は不可能」と回答していることなど10点の理由を述べました。

尾村県議は、原発直下には140㌔の活断層が走り、地震や頻発する自然災害の脅威に対し「為政者は謙虚であるべきだ」と訴え、「島根の希望ある道は、原発ゼロを決断し、省エネ・再エネ推進で新たな産業と雇用を創出することだ」と主張しました。

本会議終了後、日本共産党の福住ひでゆき参院鳥取・島根選挙区候補、尾村、大国陽介の両県議、舟木健治、橘ふみ両市議が、同原発から約9㌔の商店街前で抗議の宣伝を実施。福住氏は「参院選で原発推進勢力に厳しい審判を下そう」と呼びかけました。

同日昼には、原発ゼロをめざす島根の会と金曜日行動が県庁前で再稼働反対の集会を開きました。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示