• たちばなふみ

ロシアは国連憲章をまもれ!

#nowar #やさしく強い経済  たちばなふみ&サポーター 定例宣伝でした

ロシアは国連憲章をまもれ! 平和の国際秩序とりもどそう ジェンダー平等、 やさしく強い経済を!と訴えました

たくさんのご声援ありがとうございました 日が長くなって、とってもまぶしかったです

私の訴えを紹介します ・・・・・・・・・・・・・・ みなさん、ウクライナでは、連日、多くの市民や子どもたちが命を落としています。痛ましい事態を目にして、言葉にできないほどの悲しみと憤りを強く感じます。憲法9条をもつ日本が今すべきことは、ウクライナへの非軍事、民生支援に徹し、何百万人ものクライ ナ難民を受け入れている隣国への支援に本腰を入れることではないでしょうか。

ロシアの行為はもう全く正当化できないものです。国連憲章は主権の尊重領土の保全武力行使の禁止ということを謳っています ロシアのやってることは明らかにこの国連憲章違反の侵略です 。

しかも学校病院 あるいは駅、原発そういったところにミサイル撃ち込む これも国際人道法違反の戦争犯罪ですしかもプーチン大統領は核兵器の使用まで口にした 生物兵器化学兵器核兵器の使用 断じて許されないことです。特に核の問題はこれ人類全体に対する挑戦です。こういう指導者に核を使わせないためには核兵器を地球上からなくす核兵器禁止条約を活かすことが必要です。

ロシアは「国連憲章」「国際人道法」「核のおどし」という3つの違反をしているのです。断じてゆるせません。

国連が無力だと言う意見がありますが決してそうではありません。 国連安全保障理事会はロシアなどの拒否権によって決定できませんでしたけれども 国連総会は193カ国が国連加盟国中140カ国 の圧倒的多数の賛成でロシアの侵略をやめるようにと決議がありました。これは今までにないことです。国際司法裁判所もロシアの軍事行動の停止を求めており、今まさに世界の世論が 今ロシア包囲しているとでこれをさらに強めていくということが侵略を止める決定的な力になります。みなさん、 日本からも「ロシアは侵略やめよ。国連憲章を守れ」の声をごいっしょに広げましょう。

日本共産党はウクライナへの支援募金にも取り組んでいます。国際難民~やユニセフにあわせて1億円の募金を送りました。ぜひご協力ください。

さてみなさん、ロシア軍の無法な軍事行動を見て、「日本は大丈夫か」と心配の声が寄せ られています。当然の不安だと思います。この不安に乗じて、「憲法9条では日本は守れな い」とあおりたてる人たちがいます。ですが、「軍事、核兵器、力の論理」で来る相手に、 同じことで対抗しようとすれば、果てしない軍事拡大の悪循環におちいり、万が一、軍事 衝突が始まれば、結局は日本国民に多くの犠牲者がでることになります。自民党は、「敵基 地攻撃能力の保有」や「防衛費のGDP2%」などの提言をまとめています。このような 軍事拡大の政治では、東アジアの緊張を高めるだけでなく、国民生活にも甚大な影響を与 えます。軍事力では、平和は築けない。数々の戦争の真実です。日本が力を尽くすべきは、 憲法9条を生かした平和外交を徹底的に行い、ASEANのように東アジア地域でも戦争 を起こさない平和の枠組みづくりに本腰を入れることです。その外交努力を徹底的に行っ てもなお、万が一、日本が軍事攻撃を受けるなどの主権侵害が起こった場合にどうするの か。日本共産党は、個別的自衛権の行使として、自衛隊を含めたあらゆる手段を使って、 国民の命と日本の主権を守りぬきます。憲法9条を生かした平和外交の実現へ、岸田自公 政権の暴走を阻止するために全力をつくします。

みなさん、急激な物価高騰や長引くコロナ禍で多くの国民が苦しんでいます。政治の力 で一刻も早く国民生活を支えていくことが必要です。日本共産党国会議員団は「コロナ危 機と物価高騰からくらしと営業を守る緊急の経済対策」を政府に申し入れました。消費税 率の5%引き下げ、ガソリン税の軽減やトリガー条項発動を含むガソリン価格引き下げ、 困窮者への給付金拡大や学校給食費の無償化、年金の減額ストップ、最低賃金を1500 円に引き上げなどを求めています。この間の物価高騰は、ウクライナ危機やコロナ禍の影 響もありますが、異次元の金融緩和の推進で株価を引き上げ、物価上昇をめざした「アベ ノミクス」の破綻がその深刻さに拍車をかけています。

 日本共産党はアベノミクス新自由主義がまねいたつめたい経済から「やさしく強い経済へ」5つの大改革を提案をしています。

①政治の責任で賃金があがる国に ②社会保障と教育予算を経済力にふさわしく充実する ③大企業や富裕層への応分の負担を求め、消費税の5%に減税 ④気候危機打開本紀のとりくみ ⑤ジェンダー平等の視点をつらぬく 略 (全文は入りませんでした)



閲覧数:1回0件のコメント