top of page
  • たちばなふみ

【西尾地区地すべり災害について】

通行止めになっている西川津西尾線について 先般の議会、建設環境委員会で進捗を聞きました。

令和3(2021)年7月豪雨で地すべりが起き通行止めになったままの道路について、市民の方から多くお問い合わせいただきます。通勤通学で多くの方が利用されていました。 私も私の地元の方も、便利でよく利用していました。

昨年9月議会で視察にも行きましたが、当時から地すべりは計測や慎重な調査が必要で計画に1年、工事に10カ月と言われていました。調査の結果や計画通りなのか等、現在の状況や進捗を聞きました。

都市整備部より「地すべり災害の認定に向けて測量や調査を1年間行ってきた。現状変動がないことから地すべり災害の認定が難しいと考えている。社会資本整備総合交付金等の有利な財源を活用し、来年度から復旧に向けた設計を行う予定。通行止め期間が長くなるため、片側通行できるよう工法等の検討をすすめる」とのことでした。

片側通行がいつ頃からできるのか、目途がたてばみなさまにお知らせできると思います。 前回記事↓ https://www.facebook.com/fumi.tachibana.1/posts/4335075916573548




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page